開発者より

   私は、2015年の初夏、自宅で突然、身体に異変が起こり、
   そのまま病院に運ばれました。
   緊急の検査では、脳出血と言われました。
   リハビリを行うようになってトレーニングのベースが
   「紙」主体で行っている現状を見て、
   ICTを活用している今の時代にしては「アナログ的」に感じました。
   その時、トレーニングをタブレット端末で同じように
   出来るのではないかと思い付き自分の為のトレーニングとして、
   iPadを用いたトレーニングアプリを自分で作り出しました。

   開発者のプロフィール

   近宗 信秀 1957年生まれ 沖縄県那覇市 出身
   1988年より、アパレル業界のシステム部門に在籍し、多くの物流システムを手がける
   2003年より、独立しコルモのパートナーエンジニアとして様々なプロジェクトに参画
   2015年初夏に脳出血を発症し、
   現在リハビリを行いながらパッケージ開発に従事している。